車いすのコーギーをみて獣医学の研究者が圧倒的に少ないことを憂える

獣医になるには大学に支弁するのが6年で1500万。さらに5年かけて大学院博士後期課程を修了して博士になったからといって学校に残れるわけではない。

大学や研究機関で犬の病気のことを研究している人がいったい何人いるのだろう。しかも例えばコーギーの研究を専門にしている人なんてほとんどいないのではないかな。

犬研究をしたって食っていける訳じゃないし、動物病院に勤務したり独立開業したり、動物園や保健所に勤務しないとだめなんだろうなぁ。獣医は管轄が厚生労働省ではなく、農林水産省だからねぇ。


コーギーのコウちゃん。先代も当代のふたりもこの道を通ると寄って犬同士で世間話をいる。先代の頃から『コウちゃん』って呼んでいるけど男の子。コウくんって言いづらいんだもん。
kurumaisunokouchande1.jpg

「ちょっと、きみたち、コウちゃんの顔がちゃんと写らない」って言ったらちょいとどいてくれた。このコーギーコウちゃんも散歩では車いす生活。下肢が動かなくなっちゃった。
kurumaisunokouchande2.jpg

当代BeMaxがアブアブの頃はココでヤギミルク入りササミジャーキーチップをコウちゃんといっしょに食べるのがならわしだったのだがBeMaxが食べなくなってからあげなくなった。
kurumaisunokouchande3.jpg

我が家のそばだけでも車いすのコーギーがいっぱいいるわけだから、日本中だとさぞかし多いのだろう。市販されている車いすのモデルだってみんなコーギーが使われているわけだし。


ちょいと前までは研究のキーワードに『原子力・放射線』とか『宇宙』って入れるだけでお金が国からしこたま補助されていたのだが、今では厳しくなってきているらしい。今だとお金がもらえるのは『再生発生医学』かな。研究結果を捏造しているようなところに回しているお金のほんの一部でも動物研究へ回せばいいのに。

イヌやネコだってヒトと一緒に暮らしてもちつもたれつ。ボクらは彼らから癒しをもらっているし、生きていく活力の源の一助となっているのだから、種ごとに抱えている悩みを解決していくような研究が欲しい。

コメント

Secret

プロフィール

びま

Author:びま
ようこそ!BeMaxとMioのブログへ♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ
にほんブログ村

先代のブログはこっち

ボクが撮った写真を勝手に使用しないでくださいね。お願いです。

最新記事
月別アーカイブ